広島アンデルセン(被爆建物)

  • 広島市内中心部
  • 観光: 平和(被爆建造物・慰霊碑など)
広島アンデルセン(被爆建物)

1925年(大正14年)に三井銀行広島支店として竣工。1943年に合併して帝国銀行広島支店となりました。爆心地から360メートルで被爆。ルネサンス様式を基本とするモダンな建造物は、天井や壁など大部分が崩壊しましたが、地下の金庫は無事でした。銀行として営業を続けた後、1967年(昭和42年)、タカキベーカリーが建物を買い取ってリノベーションを施し、広島アンデルセンとしてオープン。1978年(昭和53年)には、階高の高い旧館と新館の間を巧みにつなぎ合わせることにより一体化し、地下2階、地上8階建てのショッピングフロアから、レストラン、パーティ会場までを備え、日常の食卓づくりから結婚式まで、パンのある暮らしをトータルでご提案する、現在の店舗になりました。2002年(平成14年)には、被爆建物部分の耐震補強および全館改装を実施。時代にあったスタイルに再生する形で、被爆建物を保存しています。

2018年7月中旬から改装工事中で、2020年8月オープン予定です。

その他の情報

アクセス情報 広島駅から広島電鉄電車(路面電車)「本通」下車、本通り沿い東へ徒歩3分