花時計

  • 広島市内中心部
  • 観光: 歴史・文化
花時計

昭和48年(1973年)6月1日に、平和への願いを込めて、元広島市公会堂の南側緑地帯に設置されました。時計機構部をシチズン時計株式会社が寄贈し、広島市が外形を作りました。

文字盤の直径が6メートル、時計の時針の長さは2メートル、分針は2.8メートル、秒針は2.9メートルあり、時計の文字盤は四季折々の草花で飾られています。

花時計は広島国際会議場建設のため一時的に撤去されていましたが、平成4年(1992年)5月の現在の場所に設置されました。

この近くの碑や施設など
動員学徒慰霊塔
広島郵便局職員殉職碑

その他
平和記念公園ほかの記念碑・文学碑の一覧

その他の情報

アクセス情報 広島駅から広島電鉄電車「原爆ドーム前」下車
元安橋東詰。