原爆の子の像

  • 広島市内中心部
  • 観光: 平和(被爆建造物・慰霊碑など)
原爆の子の像
原爆の子の像
原爆の子の像

建立年月日 昭和33年(1958年)5月5日(こどもの日)

2歳の時被爆し、10年後に白血病を発病して亡くなった佐々木禎子さん。その死に衝撃を受けた同級生たちが、「原爆で亡くなったすべての子どもたちのために慰霊碑をつくろう」と全国へ呼びかけ、全国3,100校余りの生徒と、イギリスをはじめ世界9か国からの支援により、完成したのが、高さ9メートルのこのブロンズ像です。(ブロンズ像3メートル、台座6メートル)

三脚のドーム型の台座の頂上に金色の折り鶴を捧げ持つ少女のブロンズ像が立ち、左右には明るい未来と希望を象徴する少年少女の像があります。像の下におかれた石碑には、「これはぼくらの叫びです これは私たちの祈りです 世界に平和をきずくための」という碑文が刻まれています。

像の制作は、当時東京芸術大学教授だった菊地一雄さんです。

この近くの碑や施設など
平和の石塚
平和の泉
平和の灯

その他
平和記念公園ほかの記念碑・文学碑の一覧

原爆の子の像動画


その他の情報

アクセス情報 広島駅から広島電鉄電車(路面電車)「原爆ドーム前」下車
元安橋西詰すぐ。