広島市立高女原爆慰霊碑

  • 広島市内中心部
  • 観光: 平和(被爆建造物・慰霊碑など)
広島市立高女原爆慰霊碑
広島市立高女原爆慰霊碑
広島市立高女原爆慰霊碑

建立年月日 昭和23年(1948年)8月6日

現在の平和記念公園?平和大通り一帯(爆心地から約500m。当時は材木町?木挽町)の建物疎開作業に来ていた広島市立高等女学校の1、2年生544人、職員8人は、全員が亡くなりました。

この学校では他の動員先を含め、679人が被爆死し、市内の学校では最も多くの犠牲者を出しています。

友垣にまもられながらやすらかに
ねむれみたまよ
このくさ山に

宮川雅臣という碑の裏の短歌作者は当時の校長です。

中央の少女が持つ箱には、アインシュタインの相対性理論からとられた原子力エネルギーの公式(「E=MC2」)がきざまれています。連合軍の占領下、「原爆」という文字が使用できなかった当時の事情を表しています。

この近くの碑や施設など
平和の門
旧天神町南組慰霊碑
被爆動員学徒慰霊慈母観音像

その他
平和記念公園ほかの記念碑・文学碑の一覧

その他の情報

アクセス情報 広島駅から広島バス吉島営業所行き「平和記念公園」下車。
平和大橋西詰たもと。