ローマ法王平和アピール碑

  • 広島市内中心部
  • 観光: 歴史・文化
ローマ法王平和アピール碑
ローマ法王平和アピール碑

建立年月日 昭和58年(1983年)2月25日

昭和56年(1981年)2月25日に広島を訪れたローマ法王ヨハネ・パウロ二世が、核兵器廃絶を訴えた「平和アピール」は全世界の人々に多大な感銘を与えました。

このアピールを造形して平和祈念の1つのよりどころとしたのが、この碑です。
上部の抽象彫刻像は、世界中が肩を寄せ合って調和と安定、共存を未来に込めて志向する状態を表し、人類の平和への願いが込められています。

碑文はローマ法王の行った「平和アピール」の中から選ばれた一節が日英併記で刻まれています。

「戦争は人間のしわざです。
戦争は人間の生命を奪います。
戦争は死そのものです。
過去を振り返ることは、将来に対する責任をになうことです。
ヒロシマを考えることは、核戦争を拒否することです。
ヒロシマを考えることは、平和に対しての責任を取ることです。

この近くの碑や施設など
平和記念資料館(本館)
被爆したアオギリ

その他
平和記念公園ほかの記念碑・文学碑の一覧

その他の情報

アクセス情報 広島駅から広島電鉄電車「原爆ドーム前」下車
もしくは広島駅から広島バス 吉島営業所行き「平和記念公園」下車。