縮景園

  • 広島市内中心部
  • 観光: 自然・公園
縮景園
縮景園
縮景園

元和6年(1620)に、茶人で知られる浅野藩家老の上田宗箇により、浅野藩主の別邸の庭として築成されました。中国の世界的な景勝地”西湖”を模してつくられたとも伝えられている園内は、山川の景、京洛の態、深山の致を庭の中に縮景していることから、「縮景園」と名付けられました。園の中央に掘られた濯纓池(たくえいち)には大小の島が浮かび、巧妙に配置された渓谷、橋、四阿(あずまや)を回遊しながら楽しむことができることから、回遊式庭園とも称されています。昭和20年(1945年)、原爆により壊滅状態になりましたが、現在では清風館、明月亭なども復元されています。

縮景園 動画



その他の情報

アクセス情報 広島駅から徒歩10分。
または
広島駅前から広島電鉄電車に乗車し「八丁堀」で下車。「白島線」に乗り換え「縮景園前」下車、徒歩2分
もしくは、
ひろしま観光ループバス「めいぷる?ぷ」で広島県立美術館前バス停下車、徒歩3分