小田山(こたざん)

  • 広島市
  • 観光: 自然・公園

標高:719.1m

小田山は広島市安芸区阿戸町と黒瀬町の境界にそびえ、山頂には行基が開いたと伝えられる金鶏山本照寺跡があります。その頂上の一角に手洗鉢と云う巨岩があり、中央の窪みは常に水をたたえています。下は岩窟、前には広場があり、古代の祭祀場とも言われており、眺めはよく黒瀬はもとより遠く四国まで望めます。

その他の情報

アクセス情報 広電バス「長戸路橋」バス停から徒歩

広電バス「国草」バス停から徒歩