三段峡

  • 安芸高田市・北広島町・安芸太田町・世羅町
  • 観光: 自然・公園
三段峡
三段峡
三段峡

「国の特別名勝 三段峡」 特別名勝(峡谷・渓谷の部)指定は、6地域(三段峡/瀞峡/黒部峡谷/上高地/御岳昇仙峡/奥入瀬渓流)のみ。その中の一つが中国・四国・九州地方で唯一の三段峡です。広島に『桂林』あり。古の山水画の世界観漂う変化に富んだ峡内に「2つの人力渡し舟」があります。自然音に包まれる渡し舟からの景色、先人が手掘りで残した約16kmに及ぶ道程からは、西日本有数の「峡谷凝縮美」が楽しめます。 平成27年2月に発刊されたフランスの権威ある旅行専門誌「ブルーガイド」で「三段峡」が世界遺産の宮島や原爆ドームに続き、最高格付け『三ツ星』を獲得しました。 正面口から黒淵までの2.5キロは、竜の口までの動の峡谷、栂崎から女夫淵までは日本庭園の原形の様な静の峡谷、石樋からは再び動の峡谷、まさに山水画、そのものの景観が見えます。入り口から5分程の竜の口を見たお客様はつられて黒淵まで歩いてしまいます。時間、天候、季節により別の景色がみえます。峡谷美だけでなく多種多様な植物群と遊歩道から古木、巨木を見ることのできる見どころ満載の峡谷です。

その他の情報

アクセス情報 車 中国自動車道戸河内ICから三段峡正面口まで約10分
公共 広島バスセンターから高速バスで約1時間15分