ノーマン・カズンズ氏記念碑

  • 広島市内中心部
  • 観光: 歴史・文化
ノーマン・カズンズ氏記念碑

建立年月日 平成15年(2003年)8月2日

ノーマン・カズンズ(1915?1990)氏は米国ニューヨークの文芸雑誌「土曜文学評論」の編集長として、昭和24年(1949年)広島を訪れ、ルポ「4年後のヒロシマ」を発表しました。

これを契機に、谷本清牧師らとともに原爆により家族を失った子どもに対する「精神養子運動」を行い、400名を超える子どもたちに米国から物心両面で支援した。

さらに昭和30年(1955年)谷本牧師や原田東岷医師らが取り組んでいた原爆後遺症のケロイドの治療に関わり、25名の女性の渡米治療に尽力し、彼女たちに将来に対する希望と自信を与えました。

昭和39年(1964年)には、広島市特別名誉市民の称号を受けました。

この近くの碑や施設など
マルセル・ジュノー博士記念碑
朝鮮民主主義人民共和国帰国記念時計
平和記念ポスト
平和の塔
バーバラ・レイノルズ氏記念碑

その他
平和記念公園ほかの記念碑・文学碑の一覧

その他の情報

アクセス情報 広島駅から広島電鉄電車「原爆ドーム前」下車
もしくは広島駅から広島バス 吉島営業所行き「平和記念公園」下車。
広島平和記念資料館(東館)南側。